top of page

新たな試みとして胃洗浄を導入しています

今年から加工場を新設し、それに伴い鮮魚の胃洗浄をする機械を導入する運びとなりました。


胃洗浄とは、漁獲後の魚の胃を洗浄することで、胃の内容物に起因する悪臭を取り除き、鮮度を維持する新技術です。


魚体を傷つけずに、時間経過による悪臭を防ぐことができるので、遠方の消費者にも鮮度の良い状態で魚を届けることができます。



カジカやタラなどは胃の内容物がとても多いので、捌いた時に綺麗な胃がでてきたのは嬉しい驚きでした。(下記写真参考)



(カジカで胃洗浄を練習している風景)


(胃洗浄後のカジカの胃袋)



昨日出荷したサクラマスは、従来から行っている船上活〆に加えて胃洗浄も行っているので、より鮮度の違いを感じていただけると思います。


船上活〆+胃洗浄を行った魚にはタグをつけているので、ぜひお召し上がりいただけると幸いです。




2022年は新たな試みづくしです!

消費者の皆様により美味しい魚を届けることができるよう、日々精進していきますので、どうぞよろしくお願いします。

Kommentare


bottom of page